2011年02月13日

『等一等愛情』'Love in a Cab' 中国語のタイトル・シークエンスデザイン

lovecab01.jpg
lovecab02.jpg



 シンガポールで中国語による番組を放映しているMediaCorp TV Channel Uのテレビドラマ『等一等愛情(Love in a Cab)』。そのタイトル・クレジット画面がすごくいいんですよ。
 こんなかわいいナビ画面だったら、ドライブもわくわく感が増しそうな。


(via watchthetitles.com : Love in a Cab title sequence)


『等一等愛情(Love in a Cab)』は十年越しにタクシーによってもたらされた運命によって引き合わされる一組の男女の恋愛ドラマとのこと。主演はジュリアン・ヒー(Julian Hee)と白薇秀(ジョアンナ・ペイ, Joanne Peh)の二人。
 ドラマ自体は未見なのですが、タクシーの存在が鍵になるのでこうしたタイトル・クレジットなのだなと納得。


lovecab03.jpg

 中国語の簡体字にあまりよい印象を持っていなかったけれど、ポップなフォントのデザインと字体の相性がよくていい感じです。省略の美。高速道路の標識用にデザインされた文字に通じるかわいさが。

 デザインを手がけたのはMOJO STUDIO
 デザイナーはMOJOのクリエイティブディレクター、シンディー・リウ(Cindy Liu)さん。

 アジアの映画制作ではタイトル・シークエンスのデザインにあまり意識を払わない傾向があって、予算の獲得に苦心したとのこと。
 リウさんはデザインにあたって台湾や日本のコンビニで観られるパッケージデザインにインスピレーションを得たと語っています。

 相互の影響や交流がありつつ、アジア発の優れたデザインがこれからもっと多く見られるようになるのではないかと思うととても楽しみです。


参考:
MOJO STUDIO : LOVE IN A CAB 等一等愛情 MOVIE END CREDIT SEQUENCE
watchthetitles.com : Forget the Film, Watch the Titles - Love in a Cab title sequence

posted by Koh Takano at 23:00 | TrackBack(0) | 映画情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43390525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック