2010年09月14日

イーストウッド監督の新作『Hereafter』で描かれる来世


 先日、クリント・イーストウッド監督の最新作、『Hereafter』(直訳だと“来世”。邦題未決定)のトレイラーが公開されました。



グラン・トリノ [DVD]  前作、『インビクタス-負けざる者たち』の公開から一年も経っていません。硫黄島二部作に『チェンジリング』、『グラン・トリノ』、と短期間の間に次々と傑作を世に送りだしているイーストウッド監督の次回作はどのような作品なのでしょうか。

 物語の焦点となる主な登場人物は三人。一人目は、マット・デイモン演じる若い霊能力者ジョージ。
 彼は子どもの頃一度死の危機に瀕します。
 手術台の上でようやく命をとりとめたのですが、それ以来、現世に強い執着を持ち留まる霊を見出し言葉を交わすことができるようになります。

 もう一人はFrankie McLaren(新人)が演じるロンドンの少年マーカス。彼は、双子の兄弟の死を強く悼み引き摺っています。
 最後の一人はフランスのジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)。彼女は怒濤となって押し寄せた津波に呑み込まれたものの、奇妙な臨死体験を経て生還します。

『Hereafter』は、これら三人の来世を垣間見た人たちの目を通して死後の世界、自己存在の核心に迫る物語です。

 イーストウッド監督の作品の中で、こうした超自然現象を扱った作風のもの、スリラーは初めてではないかと思うので、どんな映画になるのか楽しみです。

 脚本は『クイーン』『ブーリン家の姉妹』のピーター・モーガン。

ジェイコブス・ラダー [DVD]  現在開催中の第35回トロント国際映画祭でその全貌が明らかになるとのことです。


参考:
With 'Hereafter,' Clint Eastwood contemplates what's next - Los Angeles Times
IMDb - Hereafter (2010)

posted by Koh Takano at 19:14 | TrackBack(0) | 映画情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40708336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック