2016年12月18日

天の恵みの食事




 牧場の草むらに突然あらわれたまるくておおきなこの白い物体。

 すべすべのつるつる。もっちもちのふわふわ。

 「ぐりとぐら」に出てくる大きなたまご?
 巨大モッツァレラチーズ?

 それともマシュマロ? スフレ?
 お豆腐?

 はたしてその正体は――
  
続きを読む
posted by Koh Takano at 20:34 | TrackBack(0) | 奇談

2012年01月29日

新年の顔 - 水都大阪

四つの顔柱

 かおーっ!!wwww
 体ないしww なぜ直接足生えてるしwww

 インパクトのあるこの建物はいったい……

続きを読む
posted by Koh Takano at 06:24 | TrackBack(0) | たてもの遊行

2012年01月19日

三都巡礼―奈良, 京都, 大阪

骸骨注連飾り

 門松は 冥土の旅の 一里塚

        ――『狂雲集』より 一休宗純

 ――そんな一休さんの狂歌を踏まえたものかどうかはわからないけれど、骸骨があしらわれたお正月の注連飾り。

 ……ちょっと珍しいですよね。
続きを読む
posted by Koh Takano at 18:08 | TrackBack(0) | たてもの遊行

2011年03月20日

力強く「ぽぽぽぽ〜ん」

 未曾有の被害をもたらした東北沖での地震から一週間が経ちました。

 被災地の惨状は現実に起きたこととは思えないほどで、未だに起きた出来事をうまく呑み込めずにいます。

 一週間が経ったとは言っても災害はまだ継続中で、東京都の北辺に居ても時折大きな余震に揺さぶられています。
 福島第一原発は予断を許さない状況ですし、電気の不足による計画停電は続いています。

 災害被害を食い止め、また復旧に尽力なさっているすべての人々、とりわけ現場で働いている方々への感謝と尊敬の思いに堪えません。

 被災地域にいらっしゃる方々に、一日も早く心安らげる日々と生活が戻ってきますことを心より願っております。

 そして、直接的な被害は今のところ少ないですが、気持ちの安まらない日々が続く首都圏でも。
 早く元通りになればいいなあ。


  


 近所のスーパーやコンビニを訪れると、大規模な略奪にあった後のようにどの棚もすっかりからっぽになっていました。
 肩パッドをつけたモヒカンの大群が現れてウムを言わせずすべてを持ち去っていってしまったのか。それとも、三国志のゲームに出てくるイナゴイベント的ななにかなのか――なんて思ってたら正体は買い占めの隊列だった罠。

 牛乳が飲めなくてしょんぼり。
 そんな時はこれを聞いて元気を補充してます。

 力強く「ぽぽぽぽ〜ん」!!


参考:
YouTube : Enjo-Gのぽぽぽぽ〜ん / BUBBLE-B feat. Enjo-G
Baz00ka777 : こんばんワルプルギスのよる!

タグ:CM ネタ
posted by Koh Takano at 00:50 | TrackBack(0) | 雑記

2011年02月14日

チョコの日の遊戯

tiroljong01.jpg
 これは……っ
 まさにチョコの日にこそふさわしいゲーム。

 チロルチョコで麻雀。チロルジャン。

続きを読む

2011年02月13日

『等一等愛情』'Love in a Cab' 中国語のタイトル・シークエンスデザイン

lovecab01.jpg
lovecab02.jpg



 シンガポールで中国語による番組を放映しているMediaCorp TV Channel Uのテレビドラマ『等一等愛情(Love in a Cab)』。そのタイトル・クレジット画面がすごくいいんですよ。
 こんなかわいいナビ画面だったら、ドライブもわくわく感が増しそうな。

続きを読む(*音が出ます)
posted by Koh Takano at 23:00 | TrackBack(0) | 映画情報

2011年02月07日

みずたま

水でふくらむビーズ before

 水の中で変身するビーズ。

 別にそれがなにかの役に立つというわけでもないのだけれど、心をぎゅっと捉えて離さないそんな不思議アイテムってありますよね。


 気になったら試してみるしか。

 そんなわけで早速購入。
 ペットボトルに水を入れ、直径3ミリほどの色とりどりのビーズを沈めます。光の屈曲作用で水に入っていない時より大きく見える気がしますが、まだ成長してません。
 このビーズたちが果たしてどうなるのか――。

 小学生の時の理科の実験のようになんだかわくわくしてきましたぞ。

続きを読む
タグ:実験 雑貨 玩具

2011年01月28日

花のうたかた

 春風の花を散らすと見る夢は さめても胸のさわぐなりけり

               ――『山家集』より 西行



 桜の季節にはまだ早いけれど、思わず目にとまってしまったのでご紹介。

続きを読む

2010年11月27日

行灯、提灯、そしてホテル

kgrm_snelysia_m.jpg

 行灯袴という袴があります。

 ご存じのように、袴は馬に乗れるよう二股に別れたズボン状の馬乗袴が基本形です。

 その略式のものとして、町人にも袴が着用されることが多くなった江戸時代の後期に襠がないシンプルな形状のものが発案されました。
 長い巻きスカート状のこの袴はすとん、と真っ直ぐなかたちが行灯を思わせたからか行灯袴と呼ばれました。

 うん、たしかに行灯みたい。
 こんな風にぽわんと燈明が灯るさまを想像してしまいます。

続きを読む

2010年11月24日

トランスフォーム

dannykuostaircase.jpg

 箪笥の上の段に入っているものを取る時や、箪笥の上に片付けてしまっているものを取るために、引き出しをちょっと出して足がかりにしてしまうことってありませんか?

 本当は脚立を出してきて取った方が安全なんだけれど、ついついずぼらをしてしまうんですよね。

 この箪笥のアイデアを見て思いだしたのはそんなことだったり。
 これは便利!

続きを読む